logo
紹介 ところで何者? コンテンツ どんなの作ってるの? 生き方提言 こんな生き方どう? お問い合わせ 困ったときは?
こんな生き方どう?
生き方提言
人生には、いろんなアイデアがあったほうが、楽しいはず。
アイデアだけに留めずに、実際に実現できるように進めていくつもりです。
ぜひ注目です。みててください。
今後、ひとつひとつ詳細を詰めてくわしいページを作ります。
向上心応援プロジェクト
常に向上心を持って、何事にも取り組むことで、大変だけど、充実したことができるようになるはず。
40歳独立論
40歳くらいになったらみんな独立して自分の個性にあったスキルで独自に仕事できたらいい。
キャリアシャッフル論
キャリア積んだひとが、積極的にほかのキャリアも極められるような社会作り。
子供が疑問に合わせた教育論
子供が疑問に持ったそのときにそのことを教えられる環境があったらもっと楽しいのに。
フレックス睡眠論
眠れる時間に睡眠を確保すればいい。夜に睡眠を取らないといけないということはない。睡眠は生理活動なんだから、無理に制御できなくても仕方ない。
全てがオーディション論
たくさんの人の目に触れるところに自分を出せる時代。ネット投稿は全てがオーディション。
思いついたら何かある論
思いついたことには、何か意味がある。最終的に無駄でも、それを知れれば、取り組んでみる価値は必ずあるし、その先に繋がる。
思うようにいかないときの準備を整える論
思うようにいかないこともあるから、そのときのための準備を整えておくこと。その先を生きる自分を用意しておくこと。
余計なことはしない論
しなくていい余計なことはしなければいい。何かと余計なことをして都合よくしようとすることが、すべての無駄の根元。やめればいいだけ。
まず自分の政党を作る論
政治のことを考えるなら、まず自分の思うことを掲げた自分の党を名乗り、そのポリシーに見合う候補を擁立するか、自分が出るか、そのための力をつけるべき。
勢いがなければうまくいくものもいかない論
どんな準備を整えても、鍛錬を重ねても、勢いを持って臨まなければうまくいかないし、勢いを持って取り組んだ結果ならば、失敗しても前向きに次につながるものが得られる。
嫌だな違うなと思ったら遠慮なく切り捨てる論
人生はあくまで、自分の活躍できる場所を探すためにあって、嫌だな違うな、って思うということは、そこでは自分が活躍できないということ。まず、違う道を切り捨てることで、道を探せばいい。道は自分でも作れる。
没にしない論
アイデアは常に新しい可能性への卵。自分の中に降りてきてくれたアイデアを捨てる必要はない。大事に抱えて育てていくだけ。
褒め活
どんな相手でも、まず褒めることから始める。みんなもっと、褒められると思って毎日を生きてほしい。
ジェンダーフル
ジェンダーによって制限をしない生き方をする。どっちかではなく、どっちも。だから”フル”。
論理は完璧でなければ意味がない
論理的なアプローチをするなら、完璧であることが絶対条件。現実的に無理でも、そこに至る意志が明確で、不完全なところを炙り出すようなアプローチをしていくべき。
自殺者0を目指す
自殺なんて概念そのものがあり得ない世界を作りた。誰も死にたいなんて思いもしない世の中にしたい。
IT業界はもっと普通であっていい
IT業界は、自分たちが知的で高度なことをしている感が強すぎて、常識的な感覚がマヒしている。もっと普通の感覚で普通に接することができる存在であってもいい。
ワイルドプログラミング
プログラミングに野性と情熱を。
お金は前向きなひとのところに集まる論
うしろ向きな人にお金を出すひとはいない。だから、最低限、前向きでいることは、必須。そういうところにお金が集まる、、んじゃないかと。
まずは決めたことをやり切ることが優先
途中まで進めて、自分の思惑と合わなくなってきていても、まずは、やり切ることを優先する。やり切ることが先につながらないことはまずない。
外とのつながりはゆっくりじっくり
人と関われば、優しくしたくもなる。その優しさは大切なこと。でも、外の人は自分の方針と違う目的がある。そのために自分の進めたいことが犠牲になるなら、それは違う。
お腹がきゅるきゅるしない生き方
お腹はストレスに敏感で、お腹がきゅるきゅるするのは、自分にあっていないストレスを感じていること。それをバロメーターにして生きる道を見つけるのがいい。
お金に関わることいろんなことを知ることが大事
お金は天下の回りもの。お金に関わることは、どんなことでも吸収していくことで人生が開けてくる。もう怖くない。
自己表現をすることが全て
自己表現を形にできるかどうかが、生きるために必要なすべて。
システム作りに新しい風を
普段やってる進行シナリオ表から始まるシステム作りを広めてみる。
補足
ここに並んでるものは、所詮は思いつきです。全然、見当外れのこともあると思います。
やっぱり違うとか、これじゃだめかもっていう気付きがまた、次の生き方のアイデアに繋がっていくはずです。